ドイツを歩くー4:ハイデルベルク(哲学者が見た街)

ハイデルベルク駅

フランクフルトから列車で40分ほど、ハイデルベルクの駅に着くはずであったが、途中、平行する列車の故障で3時間遅れて到着。

ハイデルベルクの駅舎は近代建築であった。

駅正面、古都ハイデルベルクの駅舎は正面も意外なことにじつに明快なモダニズム建築であった。

駅前を見ると、さらに驚くべきことに、ウルトラ・モダンなビル(プリント・メディア・アカデミー:印刷デザイン専門学校?)がそびえていた。しかもその横にはへんなピロティが見えるではないか。

なんとビルを支えるピロティは斜めのしかも板状だった。さらにその色のけばけばしいこと。

旧市街へ向かう道路はみどり豊かな並木道であった。この両側に大学の各種施設が続いていた。ハイデルベルクは静かな大学の街だった。

いよいよ旧市街に入って行く。

旧市街はほぼこんな古い建物で埋め尽くされていた。学生向けの各種商店が多かった。

特徴のある家もあるが、この程度の変化を楽しんでいる。

大学の図書館の建築。特別デコレーションの多い石造の建築。

旧市街の中心部に近づくと観光客であふれている。

旧市街の中心、マルクト広場の聖霊教会。赤い石が使われている。

曲線を使ったきわめてユニークな形の尖塔。

広場は観光客であふれていた。レストランの店員たちは、どこも学生のアルバイトであった。

橋へ抜ける門。

ネッカー川を渡る石造のカール・テオドール橋を渡って振り返るとアーチを連ねた橋が美しい。

対岸の岸辺を歩くと白鳥が近寄ってきた。川のむこうに古城、教会の尖塔など旧市街が繪のように見えてくる。

丘の上を目指して坂道を登る。なかなか風情のある道だが、かなりの急勾配で苦しい登りだ。ここまで来る人はあまりいない。

坂の途中で振り返るとネッカー川と橋を見下ろすことができる。

坂を登りきって、「哲学者の道」へ出ると、ネッカー川とともに旧市街の全体を見渡すことができる。街のむこうにハイデルベルク城が見える。中世の街がそのまま残っているかのように見える。

ゲーテをはじめとして多くの詩人や哲学者がこの道からの眺めを楽しんだといわれているが、確かに感動的な風景だ。

 

ハイデルベルクでは、駅前の超モダンな建築に驚かされたが、旧市街の落ち着いたたたずまいを味わいながら、対岸の「哲学者の道」までくると、息をのむような絶景にであうことができた。

第二次世界大戦の爆撃がなければ、ドイツのいたるところにこのような街が残っていたはずだ、と思うとドイツのたどった歴史の残酷さに言葉を失う。

しかし、それは、日本も同じだったのだと改めて考えさせられるのである。

京都はこの街とおなじように爆撃を免れたのに、自らの手でビルを建て続け、古都の風景をすっかり破壊してしまった。そこに「哲学の道」もあるのだが。

案内する人

 

宮武先生

(江武大学建築学科の教授、建築史専攻)

 「私が近代建築の筋道を解説します。」

 

東郷さん

(建築家、宮武先生と同級生。)

「私が建築家たちの本音を教えましょう。」

 

恵美ちゃん

(江武大学の文学部の学生。)

「私が日頃抱いている疑問を建築の専門家にぶつけて近代建築の真相に迫ります。」

 

■写真使用可。ただし出典「近代建築の楽しみ」明記のこと。

 

■ブログ記事目次

・日本の近代建築

埼玉会館を見る

ヒアシンスハウスを見る

カップマルタンの休暇小屋(レプリカ)を見る

金沢市立玉川図書館を見る

鈴木大拙館を見る

金沢21世紀美術館を見る

宮脇檀の大邸宅

自然環境を手に入れた研究所-ROGIC

築地本願寺を見る

電通本社ビルのいま

埼玉県立博物館を見る

消えて行く近代建築の名作

世田谷区役所・区民会館を見る

お茶の水スクエア

今井兼次の「フェニックス・モザイク」

大学セミナーハウスの壮大な実験

小さな傑作「碌山館」の魅力

アテネフランセに改めてビックリ仰天

神奈川県立音楽堂を見る

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館を見る

香川県立丸亀武道館を見る

香川県文化会館を見る

香川県立体育館を見る

香川県庁舎を見る

倉敷市立美術館(旧倉敷市庁舎)を見る

前川国男の「林原美術館」を見る

所沢高層マンション火災の教訓

山口蓬春のアトリエを見る

 

さらば「カマキン」(神奈川県立近代美術館鎌倉館)

猪股邸を見に行く

林芙美子邸を見に行く

前川国男自邸を見に行く

東光園の今

究極の透明建築:日立駅

京都国立博物館・平成知新館を見る

屋根のある建築

水と遊ぶ建築

モダニズムの結晶

大江新太郎設計の「清明亭」を見る

世界平和記念聖堂で考える

広島平和記念資料館を見る

 

厳島神社を見る

杉の魅力を引き出した馬頭広重美術館

仙川安藤ストリートを行く

 

KITTE、保存建築の光と影

代官山蔦屋書店の快楽

京都駅はやっぱり面白い

 

歌舞伎座の悩ましさ

透明感きわだつ軽井沢千住博美術館

都市中心部を活性化した「アオーレ長岡」

武蔵野プレイス図書館未来型?

屋上庭園が主役の東急プラザ

 

真壁伝承館の驚き

 

・海外の近代建築

ユーゲントシュティール建築の驚き

シドニー・オペラハウスを見る

バルセロナ・パビリオンの不思議

ショッピング・モールに変身した闘牛場

カサ・ミラが楽しい

 

ガウディの栄光と悲惨

仁寺洞(インサドン)のショッピングモール「サムジキル」

 

・展覧会

「建築の日本展」を見る

フランク・ゲーリー展を見る

 

・国内の旅行

築地松の風景

雨の桂離宮を歩く

北山杉の里を見にゆく

奥の細道、山寺に登る

戸隠を歩く:水芭蕉の咲く林編

戸隠を歩く:中社・奥社編

 

・海外の旅行

バルト三国の建築ーエストニア(タリン)

バルト三国の建築ーラトビア(リガ)

バルト三国の建築ーリトアニア〈ヴィリニュス〉

ユーゲントシュティール建築の驚き

ドイツを歩く—6:ミュンヘン(常軌を逸した建築道楽)

ドイツを歩く—5:ローテンベルク(古都に残る石工の技)

ドイツを歩くー4:ハイデルベルク(哲学者が見た街)

ドイツを歩くー3:フランクフルト(超高層ビルが建つ街)

ドイツを歩く−2:ベルリン(ただいま工事中)

 

ドイツを歩く-1:ドレスデン(蘇る古都)

良洞民俗村(ヤンドンミンソクマウル)

慶州・仏国寺と瞻星台(せんせいだい)

釜山チャガルチ市場

釜山シネマセンター

 

お隣の大都市・釜山

ベトナム建築とは?

ベトナム 街の建築を見る

ハノイ、ホテル・ソフィテルメトロポール

ベトナム、フエのホテル・サイゴンモリン

 

ベトナム、ホーチミン市のホテル・マジェスティック