京都駅はやっぱり面白い

京都駅 設計:原広司(1997)
京都駅 設計:原広司(1997)

赤レンガの東京駅が話題になっている。

この際、JR西日本の誇る京都駅をあらためて見てみよう。

新幹線で京都駅に着くとすぐに駅ビルの裏側が見える。

完成して16年たつが、相変わらず斬新なデザインだ。

単調になりがちなホテルの窓が変化に富んで、楽しそうだ。

小さなパーツが組み合わされて、大きなヴォリュームに密度を与えている。

巨大さと小さなパーツの集積、もう原広司の世界だ。

ホテルの窓の単調なリズムを破る不思議なオブジェ。

ホテル客室のベランダも美しい陰翳のリズムを作り出している。

見ていて楽しい。

ワンポイントで入っているカラーも斬新だ。

室町小路広場の舞台のあたりを見上げる。

中央コンコースのアトリウム。

なんど見てもこの大きさには圧倒されるなあ。

空中の小さなステージが見る者に不安感を与え、空間の大きさのイメージをさらに拡大する。

日本の駅にはかつてないスケールの大きなコンコースだ。

たぶん、世界にも例を見ない大きさだ。

アトリウムの巨大な空間にマンガチックな舞台がトボケた表情で立っている。じつに不思議な造形センスだ。近代技術の頂点を極めた大空間のなかにアフリカの住まいが舞い降りたような対比が面白い。

日本にはかつで存在しなかった171段という巨大な階段ステージ。

イベントの時にはここが客席になる。

駅にこんなものを作るという発想がいったいどこからきたのだろう。

東京駅の建築が人気だが、あれは、単にホテル。市民に開放されているのは、改札口前のドームだけだ。それに対して京都駅は大きな空間が市民に開放されている。

大階段に並行して上昇するエスカレーター。

大階段から舞台を見下ろす。

うーん。どこから見ても劇的な空間だ。

大階段の頂部から舞台を見下ろす。

かなり遠い。

アトリウムの上を走る空中歩廊。

見せ場がたくさん用意されている。

エスカレーターを降りてゆく。

大空間を実感する。

改札口を出てくる人々が豆粒のように見える。

見上げれば、やはり巨大な空間だ。

奇妙な物体だが、上部が舞台になっている。

原広司という建築家の不思議な造形感覚が炸裂している。

まるで劇画の世界のようだ。

これは基本的には駅ビルなのだ。東京駅はほとんどをホテルとしたが、京都はホテルもあるが、大部分を大胆に旅客に開放した。

これは画期的な駅ビルなのだ。

文句なしに面白い。

いろいろ批判もある。コンペの審査には問題があったと言われているが、できてみれば、良かったのではないか。

京都の街並を映し込んだファサード。全体の巨大さを感じさせないさまざまな工夫が見られる。

ガラスの結晶体のような壁面

さまざまな都市的な要素を集約した表情

これが全体のすがた。大きくは3分割されている。左がホテルと劇場の部分、次が巨大なコンコース、右が大階段の部分。

「京都の街のスケールにふさわしくない」「巨大だ」というのが批判の常套句だが、よく見ると、巨大なボリュームを分割し、街にとけ込ませる努力がよく伺えると思うがどうだろうか。

分割と構成、なかなか見事ではないか。

東側のボリューム。やはりなかなかの力量である。

都市建築として、違和感はない。

駅自体が一つの都市という感じがここで見事に表現されている。

上部の巨大な構築物の表現と、比較的小さな人間的なスケールの入口。

入口のデザインは、近代建築のもっとも苦手とするところだ。巨大なボリュームと人間の大きさの極端な乖離を調整できないからだが、この京都駅はそこを上手に解決しているように見えるが、どうだろうか。

モダニズム建築のエントランスとして、非常に珍しい例だ。

中心のもっとも大きなガラスのスクリーン。大きく三分割して空を写している。

京都千年の建築の中で、金閣寺、清水寺などとともに十指に入る名建築といって間違いない。

原広司の建築のなかでも、最高傑作である。惜しみない拍手を送る。

問題はメンテナンスである。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    ヒラサワ ヒトミ (木曜日, 04 4月 2013 21:52)

    全ての記事を興味深く読みました。
    私は通訳案内士をしておりますので、都内の建築を勉強する目的で、サイトを見せていただきました。このページに載っているものはたいてい観ておりますが、新宿のコクーンビルが載ってないのはなぜなのでしょうか。
    余談ですが、原広司は私の高校の大先輩に当たります。京都駅は賛否両論ですが、褒めていただいてうれしいです。

  • #2

    僕は反対 (月曜日, 11 8月 2014 18:30)

    明らかに京都に似合わない、日本の伝統美を全く継承していないのに、称賛されていることに違和感を覚えます。中身は別にこのままでいいので、外見だけでも伝統的、風情のあるものに変えられないものでしょうか

  • #3

    九州在住の女性です。 (木曜日, 02 6月 2016 22:39)

    確かに伝統美ある京都には違和感を覚えます。

    ただ、駅周囲のビル街は、
    日本一の観光都市なのに耐えがたい景観です。

    駅の設計に否定感情があるのもわかりますが、
    (安藤忠雄氏の設計もみてみたかった。)
    いくら駅を伝統建築にしたって、周りのビル街が悪過ぎます。
    駅より周りを都市計画の見直した方が良いような…。

    二十数年ぶりに半年以内に3度目の京都観光です。
    3度目の1番の目的は駅を見るためです。
    2回目まで駅を観光しようなんて、全く考えていませんでした。
    ただの通過点の場所に過ぎなかったのに、後で強烈な印象が残ってまた京都に足が向きました。

    私にとって、京都駅ビルが有名な神社仏閣に引けを取らないだけの強烈な建造物に思えます。













  • #4

    小玉ミドリ (水曜日, 12 10月 2016 11:33)

    古都の駅に相応しくない乗降客が多いのは解るが和の雰囲気が少しも感じられない?

  • #5

    (水曜日, 12 10月 2016 13:08)

    和の雰囲気ねえ。
    この巨大な駅を木でつくるわけにはいかないし、鉄とガラスとコンクリートで和の雰囲気を作ると、わざとらしいものになってしまうでしょうね。
    京都は昔からけっこうハイカラなものを受け入れてきたのではありませんか?

  • #6

    たこ (月曜日, 31 10月 2016 18:04)

    新国立競技場のデザインが近未来的なザハ案から和風の隈案に変更になったように、日本を代表する建築物に日本らしさを求めたいと思うナショナリズムは自然なものだし理解できる。
    他方、明治期の東京遷都以来、京都は革新性の土壌も常に育んできたわけで、非和風の斬新な建築物こそ現代の京都に相応しいとも思う。
    いずれにしても、JR奈良駅の新駅舎のごとき中途半端なデザインや、#3の人が指摘しているような京都駅前の無個性なビル街こそ批判されるべきだ。
    自分は日本の伝統芸能を深く愛し京都奈良の古刹にも足繁く通っているが、京都駅ビルの突き抜け具合を高く評価している。

案内する人

 

宮武先生

(江武大学建築学科の教授、建築史専攻)

 「私が近代建築の筋道を解説します。」

 

東郷さん

(建築家、宮武先生と同級生。)

「私が建築家たちの本音を教えましょう。」

 

恵美ちゃん

(江武大学の文学部の学生。)

「私が日頃抱いている疑問を建築の専門家にぶつけて近代建築の真相に迫ります。」

 

■写真使用可。ただし出典「近代建築の楽しみ」明記のこと。