ヒアシンスハウスを見る

ヒアシンスハウス
ヒアシンスハウス 設計:立原道造 2004年竣工

立原道造(1914〜1939)は叙情的な詩人としてよく知られているが、24歳の若さで世を去っている。たくさんの詩を残し、多くの人に愛された。

 

 春の風は 窓のところに

 かへってきて

 贈り物のことを ささやいている

 おしゃべりな言葉で

 

 まつたく微笑が 少女の頬に

 ふかい波を 皮膚の内からおこさせて

 また 消してゆくようにー

 それは ためいきにも似て(「窓辺に凭りて」『立原道造詩集』岩波文庫)

ヒアシンスハウス

立原は詩人として多くの人に愛されたが、職業として目指したのは、建築家であった。しかも、東京帝国大学の建築科に入り、最優秀の賞を取っていた。

立原の1年下には、丹下健三、大江宏、浜口隆一という戦後大活躍する建築家たちがいたが、彼らにとって、立原は常にあこがれの的であった。

その立原が夢に見た自分のための別荘。それがこのヒアシンスハウスである。

ヒアシンスハウス

立原は身体が弱く、卒業後、石本建築事務所へ入ったが、翌年には結核のため亡くなってしまった。24歳であった。

つまり、建築家としての作品はないと言っていいだろう。

しかし、自分のための小さな小屋を持ちたいという気持ちは強く、何度もスケッチを繰り返し、友人にも図面を送り、そのスケッチは50枚にも達したという。

ヒアシンスハウス

彼の夢は没後60年にして、ついにかなった。強い想いは実を結ぶものである。

そのきっかけは、立原がその敷地として、埼玉県浦和の別所沼を想定していたこと。そして、没後60年目にさいたま市が政令指定都市になり、別所沼公園が埼玉県からさいたま市に移管されたことであった。

これを記念して、ヒアシンスハウスを作ろうという機運が高まり、全国から寄付を募って、ついに実現したものである。

ヒアシンスハウス

立原が残した簡単なスケッチを実現するためには、多くの建築家の協力があったことは言うまでもないが、現地を見て、実によくできているのに感心した。

立原がこだわった窓、コーナーに柱1本で支えられた解放感が気持ちいい。

立原が生まれ育ったのは、雑貨の製造業が密集する日本橋の近く。両親は木製の箱を作る工場を経営していた。雑然とした下町だった。

コーナーの処理も簡潔でなかなかよい。

立原は、そんな下町の雑然とした環境を離れて、信濃追分の爽やかな環境にあこがれていた。

雨戸に明けた明かり取りも立原の好みがよく出ている。

玄関の小さなステップ。

室内のデスクと椅子。立原はここに座って一日詩の構想を練っていたかったのだ。

奥に見えるのはベッド。椅子は立原のスケッチのとおりに再現されている。

立原のスケッチ。トイレはあるが、キッチンも浴室もない。従って、住宅とは言えない。小屋である。

そういえば、ル・コルビュジエが最晩年に愛用したカップマルタンの小屋もトイレだけで、キッチンも浴室もない小屋だった。

カップマルタンは大成功した大建築家の小屋だったが、ヒアシンスハウスは何の実績もない駆け出しの若い建築家の夢にすぎない。

にも関わらず、そこには実に多くの共通点があるのではないか。

ともに大都市の喧噪から逃げ出すための小さな小屋だった。

この窓辺には立原の夢が凝縮しているのではないだろうか。

天井いっぱいまで開いた窓。

立原の卒業設計は「浅間山麓に位する芸術家のコロニイの建築群」というものであった。このヒアシンスハウスはその中の一つのような印象もある。

片流れのシンプルな屋根。

立原の時代には、この別所沼のあたりに多くの芸術家が住んでおり、ちょっとした芸術家村を形成していた。

ヒアシンスハウスは水曜日と土曜日には公開されて、自由に見学することができる。絵葉書なども販売されている。

北側、この窓に向かって仕事机が作り付けられている。

別所沼公園はメタセコイアが多く、独特の風景を作っている。

小屋のよこに旗竿があるが、これも、立原がこだわったもので、旗のデザインも親しくしていた画家の深沢虹子に依頼していた。

 

立原道造が生きていたら、どんな建築家になったか。多くの人が考える謎である。ある人は丹下を上回る大建築家となって活躍したといい、またその詩的イメージに共感している人は、北欧のアールトのような建築家になったに違いないという。

 

実は、立原の1年上に森田茂介という人がいた。この人は晩年私家版の『建築の楽しみ』という本を残しているが、そこに、立原が北欧の建築に心酔して北欧の建築雑誌を購読していたことが書かれている。また、森田は石本事務所に立原を訪ねてその北欧の雑誌を見せてもらったことがあると書いている。

 

丹下健三たちが、ル・コルビュジエに心酔してル・コルビュジエをお手本にして日本の近代建築のながれを作っていったのに対して、立原は反コルビュジエ、親アールトの、優しい、ヒューマンな建築をめざしたのではないかと思われる。

ヒアシンスハウスはそんなことを考えさせてくれる夢のある建築である。

 

この記事は下記の本を参考にしました。

『立原道造の夢みた建築』種田元晴著、鹿島出版会

 

コメントをお書きください

コメント: 11
  • #1

    奥山和代 (水曜日, 20 2月 2019 11:55)

    私は詩の朗読が好きです。
    家で一人で声に出して読んでます、
    詩の朗読の会はないものかと検索しているうちにヒアシンスハウスを知りました。早速、立原道造さんの詩に触れてみたいと思いました。
    一度訪ねてみたいと思います。
    このお家で詩の朗読会など開かれたら最高ですね。

  • #2

    Daijiro・So (木曜日, 21 3月 2019 12:37)

    立原の時代は貧しい時代だった。
    私の家族も6畳一間に8人が寝ていた。
    小さくとも、狭くても、自分だけのマイルーム(個室)がほしかった。
    その当時、それは、夢の夢だった。
    そんなささやかな夢もかなえられずに24歳で去った立原に涙する。

    雨戸に開けた明り取りの十文字は、北欧の建築雑誌を購読していた立原が、ル・コルビュジエの教会のデザインのアイディアにヒントを得たのであろうか。安藤忠雄もこの教会の十文字からヒントを得たと述べていたがそれよりも半世紀も早くに彼は取り入れていたのであろうか?

  • #3

    エコ (木曜日, 21 3月 2019)

    道造、田舎歌の中の
    僕は風と 花と 雲と
    小鳥を歌っていれば
    たのしかった

    という 亡夫の 現代誌文書があるが 作者はどんな人なのか 知りかった。朝日新聞の天声人語で今朝みつけて 飛び上がりそうなほど、うれしかった。 ヒヤシンスハウを訪ねてみたい。
    1年前に 亡くなった夫は 鳥が好きだったので
    死後 見つかった書を額装して毎日、目にしている。喉のつかえが取れたみたいでほっとした。

  • #4

    山田和子 (木曜日, 21 3月 2019 17:22)

    私の、青春の詩集でした。道造は!風信荘に、たずねていきます!本郷にあった道造記念館は、なくなりましたが、新たに、出来た事、思いが実現したのですね。天声人語、取り上げくれて、ありがとう!

  • #5

    藤原静子 (木曜日, 21 3月 2019 21:42)

    若い頃、性格が激しかったからか彼の詩が分かりませんでしたが、堀辰雄の話に出てきたり太宰の話に出てきたり皆に憧れる人柄だったとか、気になって長く忘れたことがなく風信子荘私見に行きます。本も探して又、読んでみます。

  • #6

    本宮 寛子 (金曜日, 22 3月 2019 00:45)

    60年前に道造の詩に会い、その詩を通して語り合った、あの "夢はいつも帰っていった"の懐かしい夢みる心は、年を経ても今も私の中に輝いています。道造を愛した友人とともに今なひっそりとしかし鮮やかに、、ヒアシンスハウスを訪ねます。

  • #7

    躑躅 (土曜日, 23 3月 2019 16:59)

    <夢み見たものは・・・> 天声人語の書き出しに、50年前の詩がブームだったころの自分が蘇りました。その後 結婚 子どもの出生、その息子が東京大学建築学科へ進み、在学中に何度か東大を訪れました。弥生門を出た所にある記念館にも行きました。(グーグルで見ると老人ホームが建設されているようで、東京は変化が激しい所のようです。)谷中の多宝院墓地の奥に立原家の墓を見付けました。追分の油屋旅館に泊まったこともあります。
    そんなファンだけど、家族には内緒にしています。息子は、立原道造という先輩がいることを知らずに現代の生活を満喫しています。私は、そらんじている14行詩を、一人のときに密かに口ずさんでいます。70歳を越した今も、青春時代の気分が生きています。
    関西在住ですが、何時か埼玉の風信子荘を訪ねたいと考えています。

  • #8

    野の花 (月曜日, 08 4月 2019 00:42)

    はじめまして。

    先月の休日に、浦和に行く用事があったついでに、かねてから念願の風信子荘に行って来ました。

    中学生だった遥か昔に道造の詩に出会い、詩集を買って、何度も繰り返し読みました。高校生になってアルバイトで貯めたお金で信濃追分の油屋旅館にも泊まりました。

    50歳をとっくに過ぎましたが、今でも自宅の本棚には道造の詩集や評論本が大切にしまってあります。

    今回、ようやく風信子荘に行くことができて良かったと思います。また機会があれば訪ねてみたいです。



  • #9

    小川格 (月曜日, 08 4月 2019 06:12)

    2019年3月21日、朝日新聞の天声人語に取り上げられて以来、ヒアシンスハウスは大勢の方が訪れているようです。このブログにも多くの方々に訪れていただき、沢山の熱いメッセージをいただきました。
    24歳で亡くなった若い命が多くの人の胸の中に生き続けていることを改めて感じさせていただきました。
    ハシンスハウスは小さな別荘ですが、立原の熱い気持ちが宿っているようです。

  • #10

    のんちゃん (木曜日, 18 4月 2019 18:34)

    立原道造の詩、好きでした。50年も前のこと。淡い思い出が蘇りました。
    建築家を目指していたこと、知りませんでした。
    この歳になって空間デザインを学び始めましたが、私の夢もコロニイを作ること。思いを同じくする自立した仲間たちのコロニイ。
    シェアさせて頂いていいでしょうか?

  • #11

    石川尚志 (木曜日, 18 4月 2019 20:40)

    立原道造は中学生の時、国際語エスペラントを学びました。北欧建築への関心で付き合いのあった森田茂介もエスペランチストでした。かれは、晩年、八ヶ岳山麓の甲斐小泉に北欧風の建物を造り、日本エスペラント学会(今は協会)に寄贈しました。この建物は今でも、エスペランチストの研修や、保養に使われています。要件を満たせば一般の人の見学や、利用もできます。関心のある方は、協会のホームページで確認されては如何。

案内する人

 

宮武先生

(江武大学建築学科の教授、建築史専攻)

 「私が近代建築の筋道を解説します。」

 

東郷さん

(建築家、宮武先生と同級生。)

「私が建築家たちの本音を教えましょう。」

 

恵美ちゃん

(江武大学の文学部の学生。)

「私が日頃抱いている疑問を建築の専門家にぶつけて近代建築の真相に迫ります。」

 

■写真使用可。ただし出典「近代建築の楽しみ」明記のこと。

 

■ブログ記事目次

・日本の近代建築

伊東忠太

築地本願寺を見る

 

大江新太郎

大江新太郎設計の「清明亭」を見る

 

今井兼次

小さな傑作「碌山館」の魅力

今井兼次の「フェニックス・モザイク」

 

村野藤吾

世界平和記念聖堂で考える

 

前川國男

前川国男自邸を見に行く

神奈川県立音楽堂を見る

世田谷区役所・区民会館を見る

前川国男の「林原美術館」を見る

埼玉会館を見る

埼玉県立博物館を見る

熊本県立美術館を見る

 

坂倉準三

さらば「カマキン」(神奈川県立近代美術館鎌倉館)

 

立原道造

ヒアシンスハウスを見る

 

丹下健三

広島平和記念資料館を見る

香川県庁舎を見る

倉敷市立美術館(旧倉敷市庁舎)を見る

香川県立体育館を見る

電通本社ビルのいま

 

大江宏

消えて行く近代建築の名作

香川県立丸亀武道館を見る

 

吉田五十八

山口蓬春のアトリエを見る

猪股邸を見に行く

 

山口文象

林芙美子邸を見に行く

 

菊竹請訓

東光園の今

 

アントニン・レーモンド

レーモンドの小さな教会

群馬音楽センターを見る

 

谷口吉生

金沢市立玉川図書館を見る

水と遊ぶ建築

モダニズムの結晶

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館を見る

京都国立博物館・平成知新館を見る

鈴木大拙館を見る

 

磯崎新

お茶の水スクエア

 

原広司

京都駅はやっぱり面白い

 

吉阪隆正

大学セミナーハウスの壮大な実験

アテネフランセに改めてビックリ仰天

 

本間利雄

屋根のある建築

 

宮脇檀

宮脇檀の大邸宅

 

安藤忠雄

仙川安藤ストリートを行く

 

妹島和世

金沢21世紀美術館を見る

究極の透明建築:日立駅

透明感きわだつ軽井沢千住博美術館

 

隈研吾

杉の魅力を引き出した馬頭広重美術館

歌舞伎座の悩ましさ

都市中心部を活性化した「アオーレ長岡」

 

渡辺真理

真壁伝承館の驚き

 

小堀哲夫

自然環境を手に入れた研究所-ROGIC

小堀哲夫の梅光学院大学を見る

 

その他

カップマルタンの休暇小屋(レプリカ)を見る

所沢高層マンション火災の教訓

KITTE、保存建築の光と影

代官山蔦屋書店の快楽

武蔵野プレイス図書館未来型?

屋上庭園が主役の東急プラザ 

・海外の近代建築

ユーゲントシュティール建築の驚き

シドニー・オペラハウスを見る

バルセロナ・パビリオンの不思議

ショッピング・モールに変身した闘牛場

カサ・ミラが楽しい

 

ガウディの栄光と悲惨

仁寺洞(インサドン)のショッピングモール「サムジキル」

 

・展覧会

「建築の日本展」を見る

フランク・ゲーリー展を見る

 

・国内の旅行

築地松の風景

雨の桂離宮を歩く

北山杉の里を見にゆく

奥の細道、山寺に登る

戸隠を歩く:水芭蕉の咲く林編

戸隠を歩く:中社・奥社編

 

・海外の旅行

バルト三国の建築ーエストニア(タリン)

バルト三国の建築ーラトビア(リガ)

バルト三国の建築ーリトアニア〈ヴィリニュス〉

ユーゲントシュティール建築の驚き

ドイツを歩く—6:ミュンヘン(常軌を逸した建築道楽)

ドイツを歩く—5:ローテンベルク(古都に残る石工の技)

ドイツを歩くー4:ハイデルベルク(哲学者が見た街)

ドイツを歩くー3:フランクフルト(超高層ビルが建つ街)

ドイツを歩く−2:ベルリン(ただいま工事中)

 

ドイツを歩く-1:ドレスデン(蘇る古都)

良洞民俗村(ヤンドンミンソクマウル)

慶州・仏国寺と瞻星台(せんせいだい)

釜山チャガルチ市場

釜山シネマセンター

 

お隣の大都市・釜山

ベトナム建築とは?

ベトナム 街の建築を見る

ハノイ、ホテル・ソフィテルメトロポール

ベトナム、フエのホテル・サイゴンモリン

 

ベトナム、ホーチミン市のホテル・マジェスティック