お茶の水スクエア

お茶の水スクエア 設計:磯崎新 1987(昭和67)年 旧主婦の友社
お茶の水スクエア 設計:磯崎新 1987(昭和67)年 旧主婦の友社

JR御茶ノ水駅から駿河台下へ向かうメインストリートに磯崎新の作品がある。

東京には数少ないが、磯崎新の代表作だ。

 

この低層部は、1925(大正14)年、ウイリアム・メレル・ヴォーリズによって設計された「主婦の友社」の旧社屋だ。老朽化し、修復保存の予定で着工したが、耐久力が不足していたため、取り壊し、もと通り再建し、その裏に高層部とさらにその裏に室内楽専用のコンサートホール「カザルスホール」を建てたもの。

撮影:池田信「1960年代の東京」より
撮影:池田信「1960年代の東京」より

『主婦の友』は第二次世界大戦直前に最盛期を迎え、最大160万部の売り上げを記録したという。戦後もしばらくはその勢いを維持したが、次第に多様化した雑誌に読者を奪われ、ついに廃刊に追い込まれた。

旧主婦の友社部分は元とほとんど変わらない姿に再建され、街の雰囲気をよく留めることに成功した。古い建築は取り壊して、新しい建築を目一杯つくるのが日本の常識のようになっているが、磯崎は保存と再生の新しい可能性を示した。

すでにモダニズムの最盛期はすぎ、ポストモダンがもてはやされていた時代。

蘇ったヴォーリズのファサードは新鮮な魅力をたたえていた。

壁面の装飾も忠実に再現された。

高層部のデザインがいかにも磯崎新のもの。青いラスタータイルの壁面に正方形の窓を規則正しく配置している。しかも大きなベランダのような張り出しがアクセントとして取り付いている。

機能から生み出されたデザインではない。街のシンボルとしてデザインされたものだ。師丹下健三への挑戦ともいえよう。

堂々とした風格をたたえている。

このシンメトリー、近代建築が排除したルネッサンス、バロックの特徴だ。磯崎はこれを堂々と採用して、なにか悪いか、と開き直っているようだ。

最上階を貴賓室にあてているが、それが街のシンボルとしても、みごとに安定した存在感をたたえている。

復元建築の間は小さな広場のように空間をつくり、にシンボリックな庇がかかっている。

庇によって、シンメトリーのシンボル性がさらに強調されている。

そこに2層分の大きな扉がついている。

庇はあくまでもシンボルだ。

しかし、この庇は単にシンボリックな庇というだけではない。この奥に街の広場ともいうべき大きなホールの存在を暗示している。

ホールは4層分の大きなものである。

磯崎は、この大扉は常時開放を考えていたという。

窓や扉は新しいデザインだが、壁面は装飾で覆われている。

いまはシャッターが閉まったままだが。

装飾豊かな壁面は街に彩りを添えている。

100年近くこの街に親しまれてきた壁面だ。

側面、植木鉢の並んだ屋上、四角いガラス窓、時代を超越した表現だ。

布を垂らしたような表現を石で造っている。バロックの手法だ。近代建築に導入された遊び心。

装飾を拒否した近代建築に、新しい装飾で挑戦しているわけだ。

ヴォーリズは宣教師として来日し、布教の手段として建築設計をしたり、メンソレータムを売ったりした。しかし、建築設計は布教の手段という段階をはるかに超えて、膨大な優れた作品を残し、とくに関西地方にはいまも多くの素晴らしい建築を残している。ヴォーリスの建築の特徴は建築家ではなく特に関西で一般市民に愛されたこと。これは東京の代表的な作品なので、存在価値は高い。

時代を超えた不思議な壁面だ。

ヴォーリズと磯崎が格闘している。というよりも、楽しそうに対話しているのかもしれない。「おぬし、ようやりおるのお」「いえ、まだまだ」なんて声が聞こえませんか。

カザルスホールへのエントランス。

お茶の水スクエア全体が、2001年日本大学に買収され、2010年にはカザルスホールが閉鎖されてしまった。

カザルスの名称は、1987年室内楽専用ホールとして発足するにあたり、スペインを代表する音楽家パブロ・カザルスの名前を借りたもの。その際、カザルス夫人からいつまでも守ってほしいという条件で使用許可をもらって経緯がある。

カザルスの代表曲「鳥の歌」にちなんで鳥のマークも使われた。

日大がここを買い取ったあと、取り壊して再開発すると発表したときには、国内の代表的な音楽家たちが存続を願って要望書を提出し、スペインからは国民的な音楽家の名を汚すと抗議の声があがった。

日大はここを文化的な拠点としての価値を理解して運用する気があるのか、あるいは単なる利用価値のある土地として再開発しようとしているのか。

日大の大学法人としての見識が問われている。

案内する人

 

宮武先生

(江武大学建築学科の教授、建築史専攻)

 「私が近代建築の筋道を解説します。」

 

東郷さん

(建築家、宮武先生と同級生。)

「私が建築家たちの本音を教えましょう。」

 

恵美ちゃん

(江武大学の文学部の学生。)

「私が日頃抱いている疑問を建築の専門家にぶつけて近代建築の真相に迫ります。」

 

■写真使用可。ただし出典「近代建築の楽しみ」明記のこと。

 

■ブログ記事目次

・日本の近代建築

埼玉会館を見る

ヒアシンスハウスを見る

カップマルタンの休暇小屋(レプリカ)を見る

金沢市立玉川図書館を見る

鈴木大拙館を見る

金沢21世紀美術館を見る

宮脇檀の大邸宅

自然環境を手に入れた研究所-ROGIC

築地本願寺を見る

電通本社ビルのいま

埼玉県立博物館を見る

消えて行く近代建築の名作

世田谷区役所・区民会館を見る

お茶の水スクエア

今井兼次の「フェニックス・モザイク」

大学セミナーハウスの壮大な実験

小さな傑作「碌山館」の魅力

アテネフランセに改めてビックリ仰天

神奈川県立音楽堂を見る

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館を見る

香川県立丸亀武道館を見る

香川県文化会館を見る

香川県立体育館を見る

香川県庁舎を見る

倉敷市立美術館(旧倉敷市庁舎)を見る

前川国男の「林原美術館」を見る

所沢高層マンション火災の教訓

山口蓬春のアトリエを見る

 

さらば「カマキン」(神奈川県立近代美術館鎌倉館)

猪股邸を見に行く

林芙美子邸を見に行く

前川国男自邸を見に行く

東光園の今

究極の透明建築:日立駅

京都国立博物館・平成知新館を見る

屋根のある建築

水と遊ぶ建築

モダニズムの結晶

大江新太郎設計の「清明亭」を見る

世界平和記念聖堂で考える

広島平和記念資料館を見る

 

厳島神社を見る

杉の魅力を引き出した馬頭広重美術館

仙川安藤ストリートを行く

 

KITTE、保存建築の光と影

代官山蔦屋書店の快楽

京都駅はやっぱり面白い

 

歌舞伎座の悩ましさ

透明感きわだつ軽井沢千住博美術館

都市中心部を活性化した「アオーレ長岡」

武蔵野プレイス図書館未来型?

屋上庭園が主役の東急プラザ

 

真壁伝承館の驚き

 

・海外の近代建築

ユーゲントシュティール建築の驚き

シドニー・オペラハウスを見る

バルセロナ・パビリオンの不思議

ショッピング・モールに変身した闘牛場

カサ・ミラが楽しい

 

ガウディの栄光と悲惨

仁寺洞(インサドン)のショッピングモール「サムジキル」

 

・展覧会

「建築の日本展」を見る

フランク・ゲーリー展を見る

 

・国内の旅行

築地松の風景

雨の桂離宮を歩く

北山杉の里を見にゆく

奥の細道、山寺に登る

戸隠を歩く:水芭蕉の咲く林編

戸隠を歩く:中社・奥社編

 

・海外の旅行

バルト三国の建築ーエストニア(タリン)

バルト三国の建築ーラトビア(リガ)

バルト三国の建築ーリトアニア〈ヴィリニュス〉

ユーゲントシュティール建築の驚き

ドイツを歩く—6:ミュンヘン(常軌を逸した建築道楽)

ドイツを歩く—5:ローテンベルク(古都に残る石工の技)

ドイツを歩くー4:ハイデルベルク(哲学者が見た街)

ドイツを歩くー3:フランクフルト(超高層ビルが建つ街)

ドイツを歩く−2:ベルリン(ただいま工事中)

 

ドイツを歩く-1:ドレスデン(蘇る古都)

良洞民俗村(ヤンドンミンソクマウル)

慶州・仏国寺と瞻星台(せんせいだい)

釜山チャガルチ市場

釜山シネマセンター

 

お隣の大都市・釜山

ベトナム建築とは?

ベトナム 街の建築を見る

ハノイ、ホテル・ソフィテルメトロポール

ベトナム、フエのホテル・サイゴンモリン

 

ベトナム、ホーチミン市のホテル・マジェスティック