厳島神社を見る

海上から望む。弥山(みせん)を背に大鳥居が迎えてくれる。

引き潮のため、大鳥居は砂浜の上。

夕陽にうかぶ大鳥居のシルエット

近づくとさすがに大きい。鳥居は地中に埋まっているわけではなく、置かれているだけらしい。

主柱には少し曲がりくねった楠の巨木が使われている。

足元の2メートルほどまで水没の跡がある。

正面から神社を望む

翌日の午前中、次第に汐が満ちてきた。

昼ごろには潮位は最高に達し、鳥居は2メートルほど水没していた。

水に浮いた社殿と回廊。

平安時代の神殿造りの形式を想像させる伸びやかな作り。

厳島神社は柱の建築である。朱塗りの円柱が限りもなく林立している。これほど柱が主役を勤めている建築は世界中にない。世界に類例のない異色の建築である。

厳島神社は水上建築である。海水がひたひたと満ちてくると、社殿全体が水没する。アジアの水上生活者の住居によく似ている。これだけ大規模な社殿が水上に建設されている例はないだろう。世界に例のない水上建築である。

徹底した朱塗りに驚いた。これだけ徹底した朱塗りの建築は他にないだろう。

再び大鳥居が見えてきた。

厳島神社は回廊の建築である。回廊を入り、回廊を巡り、回廊を出て行く。始めから終わりまで、すべて回廊である。全長275メートルの回廊を移動する、それが厳島神社を参拝するという行為の全てである。

千木も鰹木もない、ゆるい勾配の、やさしい桧皮葺の屋根。

大鳥居の建つ絶妙な位置。

交差する軒の間から見える五重塔。そり上がった庇が目を引く。

海水が出入りし、風が通り抜ける。床下は水で満たされる。水位がさらに上昇すると、床板も水没するように床板の目が透けている。自然と一体化した、というか、自然に身を任せた建築。日本建築のひとつの典型がここにある。

自然の脅威から身を守るのが建築の本来の目的とするなら、何の役割も果たしていないこの建造物はいったい何であろうか。逆らわず、自然とともに生きる。そのいさぎよさが、この建築の美しさの根源かもしれない。

創建依頼1400年、この形式の社殿の完成以来1000年。平清盛、毛利元就、豊臣秀吉、福島正則など、時の権力者に愛され、帰依されてきた社殿。にもかかわらず、華美に走ることなく、衰退もせず、原型が維持されてきたのは奇跡的である。

水はひたひたと押し寄せ、見る間に床下は水に浸された。

海水に浸されたとき、この社殿は最高の美しさを発揮する。まさに水の建築であった。

本殿は回廊の奥に静かに佇む。

汐の干満とともに毎日呼吸するようにその表情を変える、世界に例のない特異な水上建築であった。

     *   *   *   *   *   *

現代建築がどんどん箱形に、閉鎖的に、気密性を追求し、そして機械の力で快適さを追求しているのに対して、この建築は、どこまでも伸びやかに、開放的に、そして自然のなかで呼吸しているような姿を見せてくれる。

1000年のいのちを保ち、今なお世界中から注目されているのはいったいなぜだろうか。

現代の日本人が耳を傾けなければならない重要なメッセージが、そこには隠されているのではないだろうか。

案内する人

 

宮武先生

(江武大学建築学科の教授、建築史専攻)

 「私が近代建築の筋道を解説します。」

 

東郷さん

(建築家、宮武先生と同級生。)

「私が建築家たちの本音を教えましょう。」

 

恵美ちゃん

(江武大学の文学部の学生。)

「私が日頃抱いている疑問を建築の専門家にぶつけて近代建築の真相に迫ります。」

 

■写真使用可。ただし出典「近代建築の楽しみ」明記のこと。

 

■ブログ記事目次

・日本の近代建築

埼玉会館を見る

ヒアシンスハウスを見る

カップマルタンの休暇小屋(レプリカ)を見る

金沢市立玉川図書館を見る

鈴木大拙館を見る

金沢21世紀美術館を見る

宮脇檀の大邸宅

自然環境を手に入れた研究所-ROGIC

築地本願寺を見る

電通本社ビルのいま

埼玉県立博物館を見る

消えて行く近代建築の名作

世田谷区役所・区民会館を見る

お茶の水スクエア

今井兼次の「フェニックス・モザイク」

大学セミナーハウスの壮大な実験

小さな傑作「碌山館」の魅力

アテネフランセに改めてビックリ仰天

神奈川県立音楽堂を見る

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館を見る

香川県立丸亀武道館を見る

香川県文化会館を見る

香川県立体育館を見る

香川県庁舎を見る

倉敷市立美術館(旧倉敷市庁舎)を見る

前川国男の「林原美術館」を見る

所沢高層マンション火災の教訓

山口蓬春のアトリエを見る

 

さらば「カマキン」(神奈川県立近代美術館鎌倉館)

猪股邸を見に行く

林芙美子邸を見に行く

前川国男自邸を見に行く

東光園の今

究極の透明建築:日立駅

京都国立博物館・平成知新館を見る

屋根のある建築

水と遊ぶ建築

モダニズムの結晶

大江新太郎設計の「清明亭」を見る

世界平和記念聖堂で考える

広島平和記念資料館を見る

 

厳島神社を見る

杉の魅力を引き出した馬頭広重美術館

仙川安藤ストリートを行く

 

KITTE、保存建築の光と影

代官山蔦屋書店の快楽

京都駅はやっぱり面白い

 

歌舞伎座の悩ましさ

透明感きわだつ軽井沢千住博美術館

都市中心部を活性化した「アオーレ長岡」

武蔵野プレイス図書館未来型?

屋上庭園が主役の東急プラザ

 

真壁伝承館の驚き

 

・海外の近代建築

ユーゲントシュティール建築の驚き

シドニー・オペラハウスを見る

バルセロナ・パビリオンの不思議

ショッピング・モールに変身した闘牛場

カサ・ミラが楽しい

 

ガウディの栄光と悲惨

仁寺洞(インサドン)のショッピングモール「サムジキル」

 

・展覧会

「建築の日本展」を見る

フランク・ゲーリー展を見る

 

・国内の旅行

築地松の風景

雨の桂離宮を歩く

北山杉の里を見にゆく

奥の細道、山寺に登る

戸隠を歩く:水芭蕉の咲く林編

戸隠を歩く:中社・奥社編

 

・海外の旅行

バルト三国の建築ーエストニア(タリン)

バルト三国の建築ーラトビア(リガ)

バルト三国の建築ーリトアニア〈ヴィリニュス〉

ユーゲントシュティール建築の驚き

ドイツを歩く—6:ミュンヘン(常軌を逸した建築道楽)

ドイツを歩く—5:ローテンベルク(古都に残る石工の技)

ドイツを歩くー4:ハイデルベルク(哲学者が見た街)

ドイツを歩くー3:フランクフルト(超高層ビルが建つ街)

ドイツを歩く−2:ベルリン(ただいま工事中)

 

ドイツを歩く-1:ドレスデン(蘇る古都)

良洞民俗村(ヤンドンミンソクマウル)

慶州・仏国寺と瞻星台(せんせいだい)

釜山チャガルチ市場

釜山シネマセンター

 

お隣の大都市・釜山

ベトナム建築とは?

ベトナム 街の建築を見る

ハノイ、ホテル・ソフィテルメトロポール

ベトナム、フエのホテル・サイゴンモリン

 

ベトナム、ホーチミン市のホテル・マジェスティック