14.ディテールの誘惑

東京駅丸の内北口ドームの下で東郷さんと恵美ちゃんが天井を見上げている。東郷さんはグレーのウールのハンチング、恵美ちゃんは白いレギンスパンツに長い脚を包んでいる。

「このドームはよく見るといろんな物がついてますね。」

「干支の動物が4つ足りないという話題が賑わっているね。」

東京駅丸の内南口ドーム
東京駅丸の内南口ドーム

その時、ちょうど宮武先生が黒いコートを翻して改札を出て来た。

「やあ、待たせてごめん。建築学会の歴史小委員会が長引いて…。

きょうは、ディテールの話だったよね。」

「はい、ディテールというものがよく分からないので、先生方に質問したのが始まりです。」と恵美ちゃん。

「きょうは、みんなカメラを持っていますね。では、これから丸の内の建築を回ってディテールを探しましょう。」

 恵美ちゃんはソニーのミラーレス、東郷さんはキヤノンの一眼レフ、宮武先生はキヤノンのコンパクトデジカメだ。

「では、三人で役割分担します。恵美ちゃんは石のディテールを探してください。東郷さんは金属、私はレンガとタイルにします。では、自由に歩いて、1時間後に南口ドームの下に集合しましょう。」

「はーい。分かりました。」恵美ちゃんがミラーレスカメラを握りしめて駅前の広場へ飛び出した。先生たちもゆっくりとその後を追った。

 1時間後、宮武先生と東郷さんが疲れた脚を引きずるようにして南口ドームの下へ戻ってきた。
 やがて恵美ちゃんも帰ってきた。

「では、2階の虎屋カフェでお茶を飲みながら話をしましょう。」

日本工業倶楽部会館 設計:横河工務所(担当:松井貴太郎)1920(大正9)
日本工業倶楽部会館 設計:横河工務所(担当:松井貴太郎)1920(大正9)

「面白かったなあ。まだまだ撮りたいものがいっぱいありました。」席につくなり恵美ちゃんが声をはずませた。

「私はあずきとカカオのフォンダンをお願いします。」

「えーっ。メニュも見ないうちに…」

「だって、きのうから決めてあったんだもん。」金色の小さなイヤリングが細かくゆれた。

「くたびれたなあ。しかし、ディテールだけ見るのも面白いね。」と東郷さんが帽子をぬいだ。なかば白い頭髪がかろうじて頭皮を覆っている。

「そうですね。ディテールから新たな発見があるよね。」

「では、日本工業倶楽部からいきましょう。」

「この建築は外壁をていねいに保存してくれたから、ディテールもよく残っているね。」

日本工業倶楽部会館
日本工業倶楽部会館

「じゃあ、私の石の写真から見ていただけますか。」とまず恵美ちゃん。

「左手の小さい入口からきたね。」

「正面玄関よりこっちの方が好きなんです。上に石のお花が飾ってあるし、ビーズのような飾りの額縁が三段になっていて、とっても可愛いと思いました。」

「よく見ると石の切れ目とビーズ飾りがきっちりと揃っているのがとても几帳面で感心しました。」

「この建築は古典建築のしきたりを崩して、セセッションという新しいデザインを追求していますけど、まだギリシャ建築の部品が尾を引いているんです。」先生が解説した。

「しかし、このディテールは他では見たことがない。独創的な装飾だなあ。」

「ちょっと薄日がさしたら、その陰影がとっても奇麗でした。」

「うん。これはいいね。石の職人の手業を感じさせるね。」

「そうなんですよ。ディテールは職人の手、つまりそこに注いだ石工(いしく)の愛情が感じられるんだよね。」と先生はコーヒーに砂糖を入れながらつぶやいた。

「このビーズの一粒ごとをノミで削り出したのを想像すると、とっても愛(いと)おしい感じがしました。」

「上にちょっと変わった植木鉢がありました。」

「角張ったところが、このセセッションというデザインの特徴なんだよな。」

「古典的なギリシャの様式から、近代デザインの幾何学指向に向かって進み出したのがよく分かりますね。」

「あー、そういうことですか。そういわれるとなんだか分かったような気がします。」

「窓の下に、赤ちゃんのよだれかけのようなものがありました。」

「ただ窓を開けるのではなく、一つの窓にこれだけ手間をかけているんだね。」

「このために窓に表情ができています。」

「この時代の建築にはその表情というものがあったんだよね。」

「モダニズムの建築が失った大切なものかもしれません。」

「こんどは、おれの番だ。」東郷さんがカメラをとりだした。「金属でいこう。玄関上のランプだけど、のこぎりのようなギザギザがめだつね。」

「これは玄関横のランプなんだけど、周りをわらびのような装飾が囲んで、角張ったガラスの稜線には上向きのギザギザがある。」

「全体に角張っていますねえ。」

「はい。角張った幾何学的な線が出てくる典型的なセセッションのデザインです。」

「ドアの把手だけど、ここも本当に角張っているね。」

「なんだか、ギザギザの模様もさっきの石から繰り返してますね。」

「ギザギザはこのデザインの特徴らしいなあ。」

「金属の質感を強調しているようなデザインだなあ。」

「これは不思議なデザインなんだよね。」

「さっきの石のビーズを引き延ばしたみたいです。」

「上の波形といい、パイプといい、繰り返しの手法がここでも見られる。」

「これも面白い装飾だよね。」

「ソーセージみたい。長いのと丸いのと。」

「玄関の上のステンドグラスだ。内側から撮らせてもらった。」

「とっても優しいデザインですね。」

「うん。ここだけは幾何学から解放されて、柔らかな植物が描かれている。」

「ホットしますね。」

「小さいものだけど、効いているなあ。」

日本興業銀行(現みずほコーポレイト銀行)1974 設計:村野藤吾
日本興業銀行(現みずほコーポレイト銀行)1974 設計:村野藤吾

「次は完全な近代建築。村野藤吾の日本興業銀行です。」

「垂直の柱が林立する印象的なビルだよね。」

「私は、この柱の中心のくびれが気になったんですけど。」

「一見、平らに見えるけど、よく見ると真ん中が膨らんで二本の溝があるんだよね。その中心に少し膨らんだ扁平なかまぼこ形を入れている。微妙なデザインだ。」

「フラットさを強調しながら、なおかつそこにアクセントを加えている。」

「その柱の足元です。」

「柱をいきなり地面に降ろさないで、いったん土台を作っている。浅いけど丁寧にデザインされていました。」

「近代建築には珍しい丁寧なディテールだなあ。」

東京銀行協会ビル(東京銀行集会所) 横河工務所(担当:松井貴太郎)1916(大正5)
東京銀行協会ビル(東京銀行集会所) 横河工務所(担当:松井貴太郎)1916(大正5)

東京銀行協会も工業倶楽部と同じ松井貴太郎の設計だ。」

「レンガと石の組み合わせで、華やかな外壁になっている。」

「わたしは、ちょっとメルヘンチックな雰囲気があると思ったんですけど。」

「そうですね、ピクチャレスクな感じがあるんだけど、丸みがなくて、角が多いので、硬質な感じがありますね。」

「銀行関係だから硬いのかな?」東郷さんがつぶやいた。

「レンガと石の組み合わせ、とっても華やかですね。よく見るとじつに楽しい壁なんです。」

「意識的にフラットにしている所と微妙に凹凸をつけている所がありますね。」

「石もとっても手が込んでいると思いました。」

「そうですね。これは古典的な柱頭を崩したものだけど、なかなかよく考えたものだね。」

「角が鋭く出ています。たぶん硬い石を使って几帳面に細工したことがわかります。」

「では、私のレンガのディテールをお見せしましょう。」レンガ担当の先生の出番だ。「窓の上の部分だけど、アーチを平らにしたデザインなんだ。このレンガは一つずつみんな違う形に焼いたものだ。」

「あっ、引っ込んでいるのかと思ったら、平らなんですね。」

「ほんとだ、窓の上だけ、レンガが微妙な菱形になっている。」

「よく作りましたね。」

「石とレンガの組み合わせもうまいなあ。」

「石工とレンガ職人の息のあった協力もすごいですね。」

「同じデザインだけど、大きい窓のデザインだ。」

「レンガがもっと菱形になっていますね。」

「レンガの真ん中に石のキーストンが割り込んできて、力強いアクセントになっている。」

「石とレンガの組み合わせが非常に絵画的というか、装飾的な楽しいデザインになっています。」

「ディテールに注目して見たから目に入ってきたけど、いままではあまり注意して見たことはないなあ。」

「とっても可愛い親しみやすい雰囲気が伝わってきます。」

「いろんな職人の張りつめた仕事ぶりがよく見えてくるなあ。」

「これは、一見なんでもないレンガに見えるけど、角のレンガをよく見てくださいね。こんな角度のついたレンガをわざわざ作ったんですね。」

「うーん。微妙な角度だなあ。しかもよく揃っている。」

「言われないと分かりませんが、すごいことですね。」

 

「ここはお濠に面してきれいな道ですね。」

「そうだね。皇居の内濠の石垣と松に面した、日本で一番美しい大道りだと思うなあ。」

明治生命館 設計:岡田信一郎、1934(昭和9)
明治生命館 設計:岡田信一郎、1934(昭和9)

「いよいよ、様式建築の代表作、岡田信一郎の明治生命館だ。」

「岡田信一郎の遺作、明治、大正、昭和と続いた様式建築の歴史に終止符を打った作品と言われている。」

「これはよく保存してくれたね。まるごと全体を保存して公開してくれた。」

「私は最初に目についたのがこの窓の台でした。目の高さにあって、向こうから飛び込んできました。」再び石担当の恵美ちゃんだ。

「繊細なライン、微妙なふくらみ、いい形だね。」

「曲面の下の細いラインが効いていますね。」

「次に足元の土台が目に入りました。とっても複雑な曲線が組み合わせてありました。」

「凸面と凹面、そして繊細な直線。複雑なラインの組み合わせで重厚な土台を作り出しているね。」

「上の全重量を支える力強い土台を表現しているわけだ。」

「土台石のつなぎ目に出来たラインがとっても美しいと思いました。」

「いい所に目がいったね。」

「石の目地はやむを得ずできるものだけど、ディテールの一番重要な部分ともいえるんだ。」

「そうだね。ディテールというものは、部材と部材がぶつかる所をどのように収めるかというところが最も重要なポイントなんだと思うなあ。」東郷さんは自分の実体験に基づいた理論を語った。

「だからディテールは2種類あると言えるかもしれません。一つは装飾的なもの。もう一つは、部材の取り合わせの納まり。」先生が整理した。

「あっ。そういうことですか。」

「モダニズムは装飾を排除したけど、部材の取り合わせのディテールは残っているはずだよね。」

「これは入口周りの額縁です。」

「うん。まさにギリシャ建築の典型的な額縁装飾だね。」

「ものすごく繊細な細工だ。」

「しかし、とても繊細な細工が、あまりにも正確にできているので、かえって、職人の手を感じないなあ。」

「そばに近寄ってみました。」

「うーん。正確過ぎる。」

「昔の職人さんは、よくこんな丁寧な仕事をしましたね。」

「では、つぎは俺の金属の出番だ。まずこのランタンを見てくれ。みごとだろう。」

「雰囲気ありますね。ヨーロッパの街角みたい。」

「こんどは窓のブロンズのグリルだ。実に手が込んでいる。」

「いろんな要素があるので、いっぺんには目にはいらないですね。」

「防犯のためのグリルが芸術作品にまでなっているという、様式建築の傑作に相応しいアイアンワークだねえ。」

「雷文の幾何学文様に植物の文様が絡み付いたということがわかるね。」

「人の侵入を防ぐ目的と、気品のあるデザインがうまく両立していますね。」

「よく見るとイルカのようなものがいるんだ。」

「面白いですね。こんな所に可愛い動物がいるなんて、ちょっと気がつきませんね。」

「これは通用口の入口脇のブロンズだけど、小さな柱頭が丁寧に作られているんだよ。」

「ほんとですね。コリント式の柱頭ですね。」

「ギリシャの野アザミの一種アーカンサスをもとにしたデザインだ。」

帝国劇場 設計:谷口吉郎、1971(昭和46)
帝国劇場 設計:谷口吉郎、1971(昭和46)

「帝国劇場の壁にこんな街灯があったよ。」

「いかにもモダン・デザインだなあ。」

日本生命日比谷ビル(日生劇場) 設計:村野藤吾、1963(昭和38)
日本生命日比谷ビル(日生劇場) 設計:村野藤吾、1963(昭和38)

「わたしは、石を追い掛けて日比谷まで行ってしまいました。村野藤吾さんの日生劇場です。」

「石の使い方がとっても面白いと思いました。」

「モダニズムの全盛時代にこれだけ石を使ったものはなかったので、ずいぶん話題になったものだ。」

「どんな話題だったんですか。」

「鉄筋コンクリート構造なのに石を張り巡らして、構造の真実性を表現するという近代建築の原則を踏み外していると非難されたんだ。」

「ガウディの模倣だと非難した人もいたね。」

「村野さんは世界中の建築を参考にして気に入ったものは何でも取り入れるけど、結局自分のオリジナルなデザインにまとめあげる人だったから、今見てもやはり傑作だと思うなあ。」

「私は時代を超越した建築だと思いました。」

「これはコーナーの柱ですけど、上の全体の重さを支えているみたいで、すごく力強い感じがしました。」

「重要な柱だけど、柔らかさがあって、シンボリックだね。」

「コルビュジエの主張したピロティをガウディの感覚で作ってみせた。」

「ピロティの下のモザイクがとっても可愛かったです。女の子たちが待ち合わせの場所にしていました。」

「モザイクのパイオニア長谷川路可という人の作品です。」

「彫刻もいい雰囲気でした。」

「イタリアの具象派彫刻家ファッツィーニの作品です。」

「贅沢なピロティだなあ。」

「窓も石でまとめていますけど、とっても独創的なデザインだと思いました。」

「うまいねえ。もうだれもこんなデザインはできないなあ。」

「世界に二つとない貴重品だ。」

「東京の建築のなかで、1、2を争う傑作だと思うなあ。」

「こんなビルがあったのは知らなかったなあ」

「これは実は新しいビルなんですよ。お壕沿いの第一生命と裏側の農林中央金庫を一緒にしてまとめた。そのとき、古い農林中央金庫のビルの柱頭と柱脚を利用して、前のデザインを活かしながら、デザインしなおしたものなんだ。」

「なんだか、ニューヨークの街角を歩いているみたいな雰囲気がありますね」

「このあたりは、丸の内のオフィス街なんだけど、1階におしゃれな店が入って、ショッピングが楽しめる街に変身してきたんだ。」

「昔は土日は人がまったく歩いてなくて、死んだような街だったんだけど、今は、ショッピングを楽しむ人で賑わっている。」

東京中央郵便局(JPタワー、KITTE) 設計:吉田鉄郎、1924(大正13)
東京中央郵便局(JPタワー、KITTE) 設計:吉田鉄郎、1924(大正13)

「また東京駅のそばまで戻ってきました。東京中央郵便局です。」

「近代建築の初期の傑作と言われているものだね。」

「ここはタイル張りですから、先生の出番ですね。」

「この建築は単純に見えるけど、よく見ると、けっこういろんなディテールがあったんだよ。」

「単純な白いタイル張りだと思っていたけどねえ。」

「これは建物のコーナー部分だけど、わざわざこんな丸いタイルを焼いていたんだね。」

「よく見ないと気がつきませんね。」

「でも、角を直角にせずに、丁寧に丸みをつけているために、モダニズムなのに全体の印象がやさしい建築になっているんだね。」

「これは業務用の入口周りだけど、ほかと違う角度をつけて他とちがう雰囲気をだしている。」

「角度をつけて、ちょっと硬い表情をだしているね。」

「タイルの貼り方を変えて他と違う雰囲気をつくっている。」

「微妙な角度のある開口部だなあ。」

「単純な建築かと思っていたけど、けっこう手の込んだことをやっているなあ。」

「この入口周りの丸いタイルは、また特別の曲面だね。」

「普通の窓周りのタイルも角が微妙に丸みをもっている。鋭い角になっていない。」

「このために、全体がなんとなく優しい印象があるんですね。」

「そうだと思う、今の建築にない心遣いですね。」

「窓台も特別なタイルが使われていた。」

「しかも端部のタイルはまた特別だ。」

「このビルの外装はずべて白いタイルなのに、いろんな工夫があって、丁寧な仕事ぶりが見られました。」

「吉田鉄郎という建築家の、毅然としているけど、優しい人柄が出ているような気がしますね。」

「優しい気配りが心にしみるようなビルでした。」

東京駅 設計:辰野金吾 1914年(大正3)
東京駅 設計:辰野金吾 1914年(大正3)

「最後は、東京駅だ。このレンガの目地をよーく見てください。目地の真ん中が膨らんでいるでしょう。こんな特殊な目地を作ったんだ。」

「たしかに、こうすると微妙な陰影ができて、印象が変わるだろうなあ。」

「しかし、職人泣かせだなあ。」

 

「じつは、わたし、石のディテールを撮っていて、面白い共通のものを発見したんです。今日見たビルの柱をまとめてみましたので、見てください。」

日本工業倶楽部メインエントランス(ドーリス式)
日本工業倶楽部メインエントランス(ドーリス式)
同上柱頭細部
同上柱頭細部
農林中央金庫有楽町ビル(イオニヤ式)設計:渡辺仁、1933(昭和8)
農林中央金庫有楽町ビル(イオニヤ式)設計:渡辺仁、1933(昭和8)
農林中央金庫(イオニヤ式角型)
農林中央金庫(イオニヤ式角型)
明治生命館(コリント式)
明治生命館(コリント式)

「実は、石の建築の柱を集めてみたんです。どうでしょうか。」

「おーっ。これはすごい。様式建築の基本中の基本。ギリシャ神殿の柱からとった柱の上部の装飾、柱頭の部分だ。」

「しかも、ドーリス式、イオニヤ式、コリント式と全部揃っているね。」

「私が不思議だったのは、最初の工業倶楽部の柱だけ、途中のつなぎ目が見えなかったんです。」

「うーん。いい所に気がついたね。そうなんだ。これだけは、継ぎ目のない一本の石材なんだよ。日本の近代産業をになった会社のクラブだから権威を誇示しているわけだ。」

「ドーリス式は質素だけど、一番格調が高い。」

「農林中金の柱頭がとっても可愛らしいと思いました。渦巻きがとっても柔らかい感じがしました。」

「うん、渡辺仁のうまさがよく残っている。」

トラヤカフェ/トウキョウ
トラヤカフェ/トウキョウ

「今日は、ほんとに楽しかった。」

「うん。こういう見方があるんだねえ。改めて丸の内の建築を見直したなあ。」

「丸の内は最上級の建築博物館ですね。」

「そうだね。上野公園でもそう言ったけど、上野は国家の、丸の内は民間が財力を傾けて作ったところが対照的だ。」

「きょうは、建築に親近感を感じました。ありがとうございました。」

  建築名 竣工 和暦 設計者
1 東京駅 1914 大正3 辰野金吾
2 日本工業倶楽部会館 1920 大正9 松井貴太郎
3 東京銀行集会所(東京銀行協会ビル) 1916 大正5 松井貴太郎
4 明治生命館 1934 昭和9 岡田信一郎
5 日本生命日比谷ビル(日生劇場) 1963 昭和39 村野藤吾
6 農林中央金庫有楽町ビル(DNタワー21) 1933 昭和8 渡辺仁
6 第一生命館(DNタワー21) 1938 昭和13 渡辺仁、松本与作
7 三菱一号館 1894 明治27 J.コンドル
8 東京中央郵便局(JPタワー) 1924 大正13 吉田鉄郎
 
   

案内する人

 

宮武先生

(江武大学建築学科の教授、建築史専攻)

 「私が近代建築の筋道を解説します。」

 

東郷さん

(建築家、宮武先生と同級生。)

「私が建築家たちの本音を教えましょう。」

 

恵美ちゃん

(江武大学の文学部の学生。)

「私が日頃抱いている疑問を建築の専門家にぶつけて近代建築の真相に迫ります。」

 

■写真使用可。ただし出典「近代建築の楽しみ」明記のこと。

 

■ブログ記事目次

・日本の近代建築

埼玉会館を見る

ヒアシンスハウスを見る

カップマルタンの休暇小屋(レプリカ)を見る

金沢市立玉川図書館を見る

鈴木大拙館を見る

金沢21世紀美術館を見る

宮脇檀の大邸宅

自然環境を手に入れた研究所-ROGIC

築地本願寺を見る

電通本社ビルのいま

埼玉県立博物館を見る

消えて行く近代建築の名作

世田谷区役所・区民会館を見る

お茶の水スクエア

今井兼次の「フェニックス・モザイク」

大学セミナーハウスの壮大な実験

小さな傑作「碌山館」の魅力

アテネフランセに改めてビックリ仰天

神奈川県立音楽堂を見る

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館を見る

香川県立丸亀武道館を見る

香川県文化会館を見る

香川県立体育館を見る

香川県庁舎を見る

倉敷市立美術館(旧倉敷市庁舎)を見る

前川国男の「林原美術館」を見る

所沢高層マンション火災の教訓

山口蓬春のアトリエを見る

 

さらば「カマキン」(神奈川県立近代美術館鎌倉館)

猪股邸を見に行く

林芙美子邸を見に行く

前川国男自邸を見に行く

東光園の今

究極の透明建築:日立駅

京都国立博物館・平成知新館を見る

屋根のある建築

水と遊ぶ建築

モダニズムの結晶

大江新太郎設計の「清明亭」を見る

世界平和記念聖堂で考える

広島平和記念資料館を見る

 

厳島神社を見る

杉の魅力を引き出した馬頭広重美術館

仙川安藤ストリートを行く

 

KITTE、保存建築の光と影

代官山蔦屋書店の快楽

京都駅はやっぱり面白い

 

歌舞伎座の悩ましさ

透明感きわだつ軽井沢千住博美術館

都市中心部を活性化した「アオーレ長岡」

武蔵野プレイス図書館未来型?

屋上庭園が主役の東急プラザ

 

真壁伝承館の驚き

 

・海外の近代建築

ユーゲントシュティール建築の驚き

シドニー・オペラハウスを見る

バルセロナ・パビリオンの不思議

ショッピング・モールに変身した闘牛場

カサ・ミラが楽しい

 

ガウディの栄光と悲惨

仁寺洞(インサドン)のショッピングモール「サムジキル」

 

・展覧会

「建築の日本展」を見る

フランク・ゲーリー展を見る

 

・国内の旅行

築地松の風景

雨の桂離宮を歩く

北山杉の里を見にゆく

奥の細道、山寺に登る

戸隠を歩く:水芭蕉の咲く林編

戸隠を歩く:中社・奥社編

 

・海外の旅行

バルト三国の建築ーエストニア(タリン)

バルト三国の建築ーラトビア(リガ)

バルト三国の建築ーリトアニア〈ヴィリニュス〉

ユーゲントシュティール建築の驚き

ドイツを歩く—6:ミュンヘン(常軌を逸した建築道楽)

ドイツを歩く—5:ローテンベルク(古都に残る石工の技)

ドイツを歩くー4:ハイデルベルク(哲学者が見た街)

ドイツを歩くー3:フランクフルト(超高層ビルが建つ街)

ドイツを歩く−2:ベルリン(ただいま工事中)

 

ドイツを歩く-1:ドレスデン(蘇る古都)

良洞民俗村(ヤンドンミンソクマウル)

慶州・仏国寺と瞻星台(せんせいだい)

釜山チャガルチ市場

釜山シネマセンター

 

お隣の大都市・釜山

ベトナム建築とは?

ベトナム 街の建築を見る

ハノイ、ホテル・ソフィテルメトロポール

ベトナム、フエのホテル・サイゴンモリン

 

ベトナム、ホーチミン市のホテル・マジェスティック