掲示板

コメントをお書きください

コメント: 17
  • #1

    (月曜日, 11 2月 2013 17:58)

    多摩美の図書館にいってみたいと思いました。丸い曲線がコンクリートの打ちっぱなしを温かくみせてくれてるようにみえます。外国の図書館みたいですね。窓側の机で勉強をしたら、居眠りすること120%!!

  • #2

    (水曜日, 25 9月 2013 09:25)

    こういう本の紹介欄があったら、いいのにな、と思いました。
    丹下健三さんを知りたいな、と思えてきます。建築家の名前だけは知っていても深くは知らない事だらけです。

  • #3

    三木孝悦 (月曜日, 06 1月 2014 16:46)

    素人の私が一生懸命半日かけて読ましてもらいました。
    小川さん! 編集ばかりでなく今度は作家になったらいかがです?
    建築関係だけでなく、.....期待してます。
     代官山へいってみます。女房と!!!

  • #4

    (金曜日, 27 6月 2014 00:17)

    調べ物をしていて、こちらにたどり着き、調べ物そっちのけで楽しく拝読させて頂きました。

    ちょいちょい見え隠れする、恵美ちゃん様への男性目線発言も面白く、小説を読んでいるかのようでしたw

    最後まで読めていないので、またおじゃまさせて頂きます!

  • #5

    小川 格 (金曜日, 27 6月 2014 17:12)

    萬さま。お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
    コーヒーを一杯さしあげたいところですが、ちょうど、豆を切らしております。またのお出でをお待ちしております。こんどは、恵美ちゃんをご紹介します(笑)。

  • #6

    gayohshi (金曜日, 02 1月 2015 13:46)

    ディテ−ルの誘惑、大変面白く拝読しました。小川さんの建築への情熱に改めてびっくりです。建築と無縁の生活となって4年半の私に建築の魅力を呼び戻してくれました。残りもじっくり時間を掛けて読ませて頂きます。

  • #7

    なな (火曜日, 13 10月 2015 14:01)

    建築になんとなく興味のある素人ですが、これだけわかりすい文章で、写真も豊富なサイトは本当にありがたいです。
    ただの建物紹介だけでなく、建築家や街に焦点を当てたりと、「こうやって楽しめばいいのか」と、まさに建築の楽しみ方を教えていただいている気がします。
    特に「東京駅の見どころ」が好きです。
    いつか本になったらいいのにと思いながら読んでいます。

  • #8

    とみ (水曜日, 27 1月 2016 22:32)

    すごく面白かったです。

  • #9

    大絵 (木曜日, 28 1月 2016 12:42)

    古瀬戸のチラシのときはお世話になりました。
    別件で検索(上野公園の建築について)していたら、ここにたどり着き、お名前を見てびっくりしました。
    建築好きな自分にはとてもヒットしました。特に、カバー画像の葛西臨海公園のクリスタルビューはとても大好きで、ここでロケをしたほどです。

  • #10

    (木曜日, 28 1月 2016 15:51)

    建築好きとはうれしいですね。
    みなさんから喜んでいただけると、嬉しくて、ますます頑張ろう!と元気がでてきます。

  • #11

    (木曜日, 26 5月 2016 00:39)

    地方在住なのですが、上野の西洋美術館が世界遺産に推薦とのニュースを耳にし、20年ほど昔にクラシックバレエを観るため、何度も上野に、東京文化会館に足を運んだことを思い出しました。
    もっと新しいホールも、家から近いホールもいくつもありますが、東京文化会館ほど開演前からどきどき、わくわくする会場はありませんでした。
    こちらの記事を読んで、あらためてあの高揚感は東京文化会館という建物から来るところも大きいのだ、私はこの建物が大好きなんだと感じました。
    たくさん写真が載っていたので嬉しかったです。
    久しぶりに上野に足を運びたくなりました。

  • #12

    MK (金曜日, 30 9月 2016 13:54)

    大変面白い記事でした!
    対談形式で名建築が紹介されている点もいい感じです。

    こういう活動で面白い建築が認知されていくことを願っています。
    これからも拝見させていただきます。

    追記:21.ル・コルビュジエの謎の記事の吉阪隆正の名前が通称と異なっているようです。

  • #13

    (金曜日, 30 9月 2016 22:38)

    楽しんでいただいてうれしいです。
    ご指摘いただいた、吉坂隆正は吉阪隆正の間違いでした。
    ありがとうございました。
    これからもよろしくお願いします。

  • #14

    たむら みはる (木曜日, 11 5月 2017 20:12)

    お寺めぐりと名邸巡りをしています。今度の土曜日に、世田谷の猪股邸を見学に行く予定で検索していて、こちらのホームページにたどり着きました。
    こちらのページを見て猪股邸への訪問が一層楽しみになりました。


  • #15

    (金曜日, 03 8月 2018 15:47)

    小学生の娘の自由研究にと、建築について色々と調べておりました。
    将来の夢が建築家ということもあり、何から調べていけばよいかのかと思っておりましたところ、こちらのサイトを発見しました。

    今日は娘達と御茶ノ水を見て回りました。
    先生の案内の通りに下調べして回ってみました。

    10歳の娘が成人する頃
    建築業界はどのようになっているのでしょうか。
    先日家をリフォームする際工務店の方に伺いましたら、これからはあまり良くないかもとのご意見をいただきました。


    親としてはやや不安ではありますが
    娘の夢を応援したいと思います。

    今は沢山小さな家が建っていますし、どれも同じような建物のように見えて、毎年、日本らしい建物、暖炉のあるお家、お庭などご近所からも消えていっております。

    これからはいったいどうなるのでしょう。

  • #16

    小川格 (金曜日, 03 8月 2018 16:14)

    ちいさなお子様の将来と建築を結びつけて関心を持ってくださるなんて嬉しいですね。
    昔は、建築は男の仕事でした。しかし、今はまったく違います。大学でも学生の3分の1は女性です。また、優秀な設計に与える賞のほとんどを女性が取ります。
    建築家として働いている女性はどんどん増えています。しかも、女性の感性を生かして大活躍しています。これから、建築の仕事は減るというのは事実です。しかし、大規模な建築は減っても、人の住む住まいや身近な学校や図書館や美術館など建築の仕事はいくらでもあります。
    ぼくが現代建築の中で最高と思っているのは、金沢21世紀美術館ですが、これは妹島和世(せしまかずよ)という女性建築家の作品です。この人は、世界中ですごい仕事をしていますが、じつに女性的な豊かな感性を生かした建築です。もし金沢へ行く機会がありましたら、ぜひ、この美術館をご覧下さい。ぼくのブログのなかでも紹介しています。きっと私もこんな建築家になりたいと思いますよ。

  • #17

    松川幸四郎 (水曜日, 19 9月 2018 18:08)

    沖縄で設計士を目指しております。学校の休暇を使って東京に1週、建築物を見に来ました。今日は初日で仙川ストリートを見てきましたが、明日からどうしようと思っていた時にこのブログを拝見しました。こちらのブログがとても参考になりましたので感謝しております!ありがとうございます。明日は上野、池袋を散策し、明後日は東京駅周辺をまわります。勉強旅行の指針になりましたので、感謝お気持ちをこちらのコメントでお伝えさせていただきました。

案内する人

 

宮武先生

(江武大学建築学科の教授、建築史専攻)

 「私が近代建築の筋道を解説します。」

 

東郷さん

(建築家、宮武先生と同級生。)

「私が建築家たちの本音を教えましょう。」

 

恵美ちゃん

(江武大学の文学部の学生。)

「私が日頃抱いている疑問を建築の専門家にぶつけて近代建築の真相に迫ります。」

 

■写真使用可。ただし出典「近代建築の楽しみ」明記のこと。

 

■ブログ記事目次

・日本の近代建築

埼玉会館を見る

ヒアシンスハウスを見る

カップマルタンの休暇小屋(レプリカ)を見る

金沢市立玉川図書館を見る

鈴木大拙館を見る

金沢21世紀美術館を見る

宮脇檀の大邸宅

自然環境を手に入れた研究所-ROGIC

築地本願寺を見る

電通本社ビルのいま

埼玉県立博物館を見る

消えて行く近代建築の名作

世田谷区役所・区民会館を見る

お茶の水スクエア

今井兼次の「フェニックス・モザイク」

大学セミナーハウスの壮大な実験

小さな傑作「碌山館」の魅力

アテネフランセに改めてビックリ仰天

神奈川県立音楽堂を見る

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館を見る

香川県立丸亀武道館を見る

香川県文化会館を見る

香川県立体育館を見る

香川県庁舎を見る

倉敷市立美術館(旧倉敷市庁舎)を見る

前川国男の「林原美術館」を見る

所沢高層マンション火災の教訓

山口蓬春のアトリエを見る

 

さらば「カマキン」(神奈川県立近代美術館鎌倉館)

猪股邸を見に行く

林芙美子邸を見に行く

前川国男自邸を見に行く

東光園の今

究極の透明建築:日立駅

京都国立博物館・平成知新館を見る

屋根のある建築

水と遊ぶ建築

モダニズムの結晶

大江新太郎設計の「清明亭」を見る

世界平和記念聖堂で考える

広島平和記念資料館を見る

 

厳島神社を見る

杉の魅力を引き出した馬頭広重美術館

仙川安藤ストリートを行く

 

KITTE、保存建築の光と影

代官山蔦屋書店の快楽

京都駅はやっぱり面白い

 

歌舞伎座の悩ましさ

透明感きわだつ軽井沢千住博美術館

都市中心部を活性化した「アオーレ長岡」

武蔵野プレイス図書館未来型?

屋上庭園が主役の東急プラザ

 

真壁伝承館の驚き

 

・海外の近代建築

ユーゲントシュティール建築の驚き

シドニー・オペラハウスを見る

バルセロナ・パビリオンの不思議

ショッピング・モールに変身した闘牛場

カサ・ミラが楽しい

 

ガウディの栄光と悲惨

仁寺洞(インサドン)のショッピングモール「サムジキル」

 

・展覧会

「建築の日本展」を見る

フランク・ゲーリー展を見る

 

・国内の旅行

築地松の風景

雨の桂離宮を歩く

北山杉の里を見にゆく

奥の細道、山寺に登る

戸隠を歩く:水芭蕉の咲く林編

戸隠を歩く:中社・奥社編

 

・海外の旅行

バルト三国の建築ーエストニア(タリン)

バルト三国の建築ーラトビア(リガ)

バルト三国の建築ーリトアニア〈ヴィリニュス〉

ユーゲントシュティール建築の驚き

ドイツを歩く—6:ミュンヘン(常軌を逸した建築道楽)

ドイツを歩く—5:ローテンベルク(古都に残る石工の技)

ドイツを歩くー4:ハイデルベルク(哲学者が見た街)

ドイツを歩くー3:フランクフルト(超高層ビルが建つ街)

ドイツを歩く−2:ベルリン(ただいま工事中)

 

ドイツを歩く-1:ドレスデン(蘇る古都)

良洞民俗村(ヤンドンミンソクマウル)

慶州・仏国寺と瞻星台(せんせいだい)

釜山チャガルチ市場

釜山シネマセンター

 

お隣の大都市・釜山

ベトナム建築とは?

ベトナム 街の建築を見る

ハノイ、ホテル・ソフィテルメトロポール

ベトナム、フエのホテル・サイゴンモリン

 

ベトナム、ホーチミン市のホテル・マジェスティック