「建築の日本展」を見る

「建築の日本展」六本木ヒルズ 森美術館 2018年4月25日〜9月17日
「建築の日本展」六本木ヒルズ 森美術館 2018年4月25日〜9月17日

六本木ヒルズ、森美術館で行われている「建築の日本展」を見てきた。副題に「その遺伝子のもたらすもの」とある通り、日本建築の伝統を古代から現代まで一気に展示して見せようという試みである。

森美術館15周年記念展だそうだ。

 

目を引くのは大型の建築模型が実に精力的に集められていること。

古代出雲大社本殿の復元模型、伊勢神宮正殿、待庵の実大模型、丹下健三自邸など100を数えるプロジェクトに関する資料・模型が集められ展示されているのだ。

 

工夫のあとが見られるのは、これら膨大な作品にどんな筋道をつけて見せるかだ。

全体を9つのセクションに分けて見せるというのが企画の狙いだ。

つまり、建築史的な時代にそって見せることをやめ、自由に決めた9つのテーマに沿って分類し見せようという野心的な試みなのだ。

01、可能性としての木造

02、超越する美学

03、安らかなる屋根

04、建築としての工芸

05、連なる空間

06、開かれた折衷

07、集まって生きるかたち

08、発見された日本

09、共生する自然

この分類は、なかば成功し、なかば失敗している。

「木造」「屋根」「自然」などは無理なく理解できる。しかし、他はかなり無理のある分類だ。理解を助ける手がかりになっているとはいいがたい。言葉を気取ってひねりすぎたきらいもある。もっと素直な言葉にすればさらに分かりやすいのにと思われる。

最初の「01、可能性としての木造」についていえば、ごく最近のことだが、木造の再評価が急速に進み、興味深い作品もつぎつぎに生み出され、古代からの木造の遺伝子は生きていたと実感できる展示である。

まず驚いたのが、磯崎新の空中都市と隈研吾の梼原木橋ミュージアムを並べ、さらに東大寺南大門を同時に見せられたところだ。たしかに形の上ではよく似ている。しかしスケールも違えば材質も違う。ただ形が似ているでしょう、面白いでしょうというのは、展覧会ならではの、論証抜きの視覚的なインパクトであるが、いかがなものでしょうか。

次に、セクション02の「超越する美学」とはなんのことだろう。伊勢神宮と鈴木大拙館が併置され、似ているでしょう、言葉にはならないけど感じる物があるでしょう、という展示だ。論証抜きの感情に訴える展示。

利休の「待庵」を実大模型で展示して見せたのは、さすがと思わせるものだ。「ものづくり大学」の学生たちの労作だが、よく出来ている。カップマルタンのル・コルビュジエの休暇小屋の実大模型を作った学生たちだけあって細部の質感までこだわりが感じられる。

この「待庵」はにじり口から中に入って茶室の空間を実感することができる。

塗り回した洞床もよく出来ている。たった2畳の極小空間を体験できる。

下地窓もそれらしくできている。

天井もよくできれいる。

茶室を日本建築の中の重要な存在として捉えていることがわかる。

しかし、これを「04、建築としての工芸」というセクションに置いた意味がよくわからない。茶室を「工芸」として何が見えてくるのだろうか。この切り口で何をいいたいのか、いまひとつよくわからない。

村野藤吾の日生劇場に日本の工芸の遺伝子を感じるだろうか。

蟻鱒鳶る(アリマストンビル)や幻庵も工芸というより、縄文的な原始日本のエネルギーを感じるのだが。

丹下健三の「香川県庁舎」の会議室前の有名な家具が展示されている。

 「05、連なる空間」として、寝殿造り、岸田日出刀の『過去の構成』、桂離宮、丹下の香川県庁舎、丹下自邸、法隆寺宝物館などが置かれているのだが、何が連なるのやらよくわからない。

こういう理解だと、岡本太郎や白井晟一の提起した縄文的な遺伝子は無視されてしまうのだろうか。日本にはもっと骨太な遺伝子があったはずだが。日光東照宮や唐破風も根強い遺伝子ではないだろうか。

伊勢神宮と桂離宮を最高とするタウトの日本建築理解にいまだに呪縛されているような印象がなくもない。

「香川県庁舎」の中で使われている椅子なども一緒にもってきたようだ。

この展覧会全体の中心に丹下健三を据えた展示になっている。伝統と近代をつなぐ結節点に丹下を据える。無難な選択にみえるが、丹下には香川県庁舎のすぐそばに香川県立体育館という非常に土俗的な作品もあるのを忘れていないだろうか。

しかし、何と言ってもこの展覧会の目玉は丹下健三自邸の模型である。

実物の三分の一の模型だという。

丹下自邸 『芸術新潮』2013.8より 撮影:平山忠治
丹下自邸 『芸術新潮』2013.8より 撮影:平山忠治

今はなき有名な丹下自邸である。

グロピウスをはじめ世界の建築家たちが訪れた有名な住宅である。ここで磯崎新が結婚式を挙げたこともよく知られている。イサムノグチの照明器具、篠田桃紅の書も印象的だった。しかし、丹下健三の離婚・再婚とともに元夫人の手に渡り、取り壊された。

 

あの住宅が三分の一の縮尺で再現されたという。

しかし、なぜか違和感がある。

写真で見慣れたあの颯爽とした丹下自邸とはどうしても一致しない。

おそらく、図面に基づいて正確に作られているに違いないのに、どこかしっくりこないのだ。

三分の一の大きさで作られているので、どうしても、立ったまま見るとかなり視点が高くなる。当然住宅を見下ろすような視点になってしまうのだ。そうすると、屋根が大きく視野に入ってしまう。我々の記憶にある丹下自邸は、まるでフラットルーフのような平板な建築だったのだ。

しゃがんで視点を下げてみると、大分イメージに近づいてきたかもしれない。

横から見ると思ったより奥行きがある。

庇もずいぶん出ていることがわかる。

後ろ側からみる。丹下は決して見せたくなかったアングルかもしれない。

正面から視点を下げて見直してみる。

丹下は切り妻なのに、かなり無理としてフラットルーフのような印象を与える写真を撮らせたのだということがわかる。

このくらい視点を下げるとなんとかイメージが近づいてきたような気もする。

しかし、この模型、スカスカだ。障子に紙が貼ってないのだ。そのため、障子の白と木材の黒っぽい色の対比が見られない。

せっかくの労作なのにもったいない。

こうして見てくると、丹下は自邸そのものよりも写真によって自分のイメージを表現しようとしていたことが一段と印象づけられたように思われる。

 

写真を許されたのは展示の中でもほんの一部なので、これ以上は紹介できないが、これ以降もなかなか充実した展示なので、ぜひ多くの人に見てほしいものだ。

 

この9つのセクション、従来の建築史の枠組みにとらわれない見方、という意欲は買いたいが、はじめに書いたとおり、なかば成功、なかば失敗といいたい。それが素晴らしい展示品の鑑賞、理解の助けになっているとは言いがたいからだ。

 

最後まで見た印象も、すでに書いた通り、伊勢と桂離宮を最高とするブルーノ・タウトが理解した日本建築の価値観にとらわれていると言わざるをえない。

日本にはもっと多様な建築の遺伝子が残っている。現代の住宅にもの足りなくて、民家再生を試みる人たちはあのりゅうりゅうとした野性的な梁に魅せられるからだが、そこにはいまだに縄文的な遺伝子の存在を感じさせるものがないだろうか。本展では民家を屋根のみで捉えようとしているが、その全体を縄文的な遺伝子として捉える視点も必要ではないだろうか。

 

村野藤吾も「工芸」的な手仕事の作品として日生劇場が紹介されていたが、例えば、大阪の歌舞伎座ように、唐破風の遺伝子を大胆に受け継いだ破天荒の作品もある。唐破風といえば、岡田信一郎から吉田五十八、隈研吾と受け継いだ東京の歌舞伎座の例もある。こういう遺伝子こそ民衆と共有している貴重な建築遺伝子の価値ではないのだろうか。

様々な異端に目を向けてこそ、行き詰まったモダニズムの活路を切り開く窓が見えてくるのではないだろうか。

 

一部撮影を許可したのはよいが、できれば、全部撮影可能としてSNSで情報を拡散して広く自由な議論を巻き起こすことを考えてほしいものだ。

案内する人

 

宮武先生

(江武大学建築学科の教授、建築史専攻)

 「私が近代建築の筋道を解説します。」

 

東郷さん

(建築家、宮武先生と同級生。)

「私が建築家たちの本音を教えましょう。」

 

恵美ちゃん

(江武大学の文学部の学生。)

「私が日頃抱いている疑問を建築の専門家にぶつけて近代建築の真相に迫ります。」

 

■写真使用可。ただし出典「近代建築の楽しみ」明記のこと。

 

ブログ目録