良洞民俗村(ヤンドンミンソクマウル)

慶州市内から20km、山際に点在する民家群が突然目の前に現れた。

前夜からの雪に覆われてうっすらと雪化粧した、実に美しい幻想的な風景だ。これが良洞民俗村だった。

民家160棟がそのまま保存されているという。そのうち54棟が瓦葺き、110棟が藁葺きである。

煙があがっているのは炊事をしているに違いない。そう、ここは日本の民家村と違い、実際に住んでいる村をそのまま博物館にしてしまったものなのだ。庶民の家は藁屋根、豊かな家は瓦屋根と、はっきり目に見えて階級の差が表現されている。

良洞村には二つの名家が500年にわたって共存しているそうだ。

24戸は文化財として公開されているが、その他は人が住んでいるので、普通は内部は見られない。

屋敷と一体化した樹木の奔放な茂り方、感動的である。植木屋さんが切り詰める日本の庭と全く異なる樹木への接し方。韓国人の自然観が伺える風景だ。

高台にある立派な家だ。今年初めての雪に薄化粧されて、なんとも美しい光景だ。

敷地の高低差に従ってうねうねと続く塀。柔らかな曲線が興味深い。

瓦屋根の棟をはじめとして直線がない。すべてが曲線だ。

谷をはさんで望む民家の遠景。

幾重にも重なる波打つ甍の波。

見学を許された民家
見学を許された民家
オンドル部屋
オンドル部屋

民家のオンドル部屋だ。小さい入り口はキッチンへの出入り口。日本のように6尺、3尺のモジュールがないので、必要に応じて開口部の寸法を決めるので、高さがまちまちになる。

オンドルの焚き口。

家の裏のオンドルの煙突
家の裏のオンドルの煙突

林の中にたたずむ小さな民家。

慶州のコモドホテルのロビー。

このホテルでは特別にオンドル部屋を予約した。まるで和室のようだ。床は黄色い油紙が敷かれているが、やや固い。外は相当冷え込んできたが、室内は空調がないのにオンドル特有のやわらかな暖かさ。

部屋の隅に置かれたタンス。

タンスの中に3人分の寝具が入っていた。ここが和室とは違うところだ。和室なら押し入れがあるところだ。

家具はすべて低い。和室のような雰囲気だ。このホテル、6階建ての客室のうち、オンドル部屋は1フロアのみ。あとは普通の客室だ。

ホテルに泊まるたびに空調に苦しまされるが、空調のない暖かさは、すばらしい。理想的な暖房だ。

ひょうたんの柄杓で自家製のマッコリをどうぞ。

夜はやはりマッコリでホッコリしましょう。

慶州の夜はこうして更けていったのでした。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    kenichi kojima (水曜日, 02 1月 2013 11:41)

    雪景色がきれいですね。
    瓦屋根がそりがあるのにたいして、藁葺き屋根がムクリに似た柔らかさがあるのが不思議ですね。

  • #2

    永田 八朗 (火曜日, 22 1月 2013 13:23)

    私は5月に良洞民俗村へ行きましたが
    雪景色の良洞民俗村は素晴らしですね
    ご一緒出来なかったのが 残念です

案内する人

 

宮武先生

(江武大学建築学科の教授、建築史専攻)

 「私が近代建築の筋道を解説します。」

 

東郷さん

(建築家、宮武先生と同級生。)

「私が建築家たちの本音を教えましょう。」

 

恵美ちゃん

(江武大学の文学部の学生。)

「私が日頃抱いている疑問を建築の専門家にぶつけて近代建築の真相に迫ります。」

 

■写真使用可。ただし出典「近代建築の楽しみ」明記のこと。